さよなら原発ヒロシマの会:脱原発・反原発・自然エネルギーをヒロシマから
7月1日(金)
  第202回「ヒロシマ・アピールウォーク」
      原発なくし,自然エネルギーへの転換を
 上関原発建設するな   島根原発2号再稼働するな・3号運転するな
   金曜日行動:毎月第1・3金曜日,午後6時に国泰寺公園出発
    中国電力前を通り本通り,元安橋まで歩きます。
      7月1日、7月15日、8月5日、8月19日、 …と続けます。

お知らせ

ウクライナの原発への攻撃と占拠に断固抗議し、
ただちにウクライナからの撤退を求めます 3月5日ロシアに抗議文

ロシア軍は3月4日、サポロジエ原発に攻撃を仕掛け、占拠しました。 この無法できわめて危険な原発への攻撃を厳しく糾弾して、 ロシアが無法な軍事侵略を中止し、ウクライナからの即時撤退を求める抗議文をロシア大使館に送りました。 ⇒抗議文

さよなら原発ヒロシマの会
〒730-9951
広島市中区大手町4-2-27-403
    広島共同センター内
TEL:082-245-2501
FAX:082-245-2502
E-mail: ここをクリック
郵便振込口座:
 記号番号 01380-1-101656
 加入者名 さよなら原発ヒロシマの会
会の案内
    呼びかけ
    運営委員・申合せ
    会への賛同・申込
御意見、御感想は
   当会へE-mailをお送りいただくか
    ここから投稿して下さい。


11・11さよなら原発広島ウォーク


鯉城通りを行く



第1・第3金曜日は
    ヒロシマ・アピールウォーク

鯉城通り中電前を行く

出発の国泰寺公園でリレートーク



「平和とうろう集会」8月6日

山本太郎さんとアーサー・ビナードさんの対話



「浪江町の馬場町長と語る夕べ」8月6日



自治体要請キャラバン5月15日〜

世羅町議会議長・副議長に要請、懇談



「さよなら原発ヒロシマの会」立ち上げ発表(2011/12/26)

12月26日記者会見

会の立ち上げを発表

これまでの活動    

6/17 第201回 ヒロシマ・アピールウォーク
福島生業訴訟、最高裁、国の責任認めず。24名参加
6/4 第200回記念 ヒロシマ・アピールウォーク
とうかさんで賑う本通りを通って中電前までデモ。40名参加
6/4 2022年総会・講演会
 講演:「戦争と原発 ウクライナ情勢を考える」
     今中 哲二 氏(京都大学複合原子力科学研究所)
 活動報告,原発をめぐる情勢と今年度の方針など了承
 最後に「島根県知事の島根2号機再稼働同意に抗議する」決議文を採択
広島市まちづくり市民交流プラザで13:30〜。75名が参加。 ⇒案内のチラシ
5/20 第199回「ヒロシマ・アピールウォーク」
放射能汚染水海洋放出を規制委員会が承認決める。24名参加
5/6 第198回「ヒロシマ・アピールウォーク」
自民党規制委に圧力、原発再稼働を急がせる。20名参加
4/15 第197回「ヒロシマ・アピールウォーク」
首相、ロシアからの石炭禁輸で原発活用を表明。26名参加
4/1 第196回「ヒロシマ・アピールウォーク」
庄原市議会、島根原発再稼働反対を決議。27名参加
3/18 第195回「ヒロシマ・アピールウォーク」
久しぶりのウォーク、11年経った3.11福島を想う。25名参加
3/5 ウクライナの原発への攻撃と占拠に抗議
ロシアが無法な軍事侵略を中止し、ウクライナからの即時撤退を求める抗議文をロシア大使館に送る。 ⇒抗議文
3/4 第194回もスタンディングで街宣
ウクライナの原発をロシアが攻撃・制圧に抗議。24名参加
2/18 第193回もスタンディングで街宣
島根原発再稼働の住民投票条例松江市議会否決。18名参加
2/4 第192回もスタンディングで街宣
島根原発再稼働で住民投票条例求める署名進む。15名参加
1/21 第191回はスタンディングを行う
コロナ感染者急増、本通り電停付近で街頭宣伝。17名参加
1/7 第190回「ヒロシマ・アピールウォーク」
新年早々、コロナが岩国基地から拡散、急増。18名参加
12/17 第189回「ヒロシマ・アピールウォーク」
松江市議会特別委、島根原発再稼働陳情を採択。20名参加
12/3 第188回「ヒロシマ・アピールウォーク」
広島市から100kmの伊方原発運転再開。19名参加
11/19 第187回「ヒロシマ・アピールウォーク」
島根原発に関し周辺自治体で住民投票要求の動き。24名参加
11/5 第186回「ヒロシマ・アピールウォーク」
総選挙、脱原発議員増えず、残念な結果。 22名参加
10/15 第185回「ヒロシマ・アピールウォーク」
衆議院議員選挙公示間近か。エネルギーも争点。24名参加
10/1 第184回「ヒロシマ・アピールウォーク」
コロナ禍で2ヶ月ぶり。島根2号機で動き。21名参加
9/23 連続市民講座 新シリーズ 第6回
DVD鑑賞:
 「忘却に抗う」 〜中村敦夫 原発への警鐘〜
 ミニ講演:
 「中国地方の原発の現状」(講師:木原省治氏)
会場:ひと・まちプラザ マルチメディアスタジオ  ⇒チラシ
9/22 島根原発住民避難計画に関して中国電力に申入れ
松江市・島根県と同一の「安全協定」を 30 キロ圏内全ての自治体と締結することなどを求める申入れ書を手渡しました。  ⇒申入れ書
8/6 第183回「ヒロシマ・アピールウォーク」
ヒロシマの日、それぞれの想いを込めて歩く。22名参加
7/16 第182回「ヒロシマ・アピールウォーク」
上関でボーリング調査。原発60年超計画。雨の中23名参加
7/2 第181回「ヒロシマ・アピールウォーク」
2ヶ月ぶり。この間に上関原発、島根原発に動き。20名参加
5/8 2021年総会・講演会
 講演:「2021年 原発・エネルギー政策の課題」
     末田 一秀 氏(はんげんぱつ新聞編集委員)
 活動報告,原発をめぐる情勢と今年度の方針など了承
福島事故から10年,事故の全容は明らかにされたでしょうか? 被災者の救済はなされてきたでしょうか? 事故は忘れたかのように、原発40年で廃炉のルールも無視。 放射性廃棄物は?核兵器の材料プルトニウムを取り出してどうするのか。 原発ゼロ基本法案は?今年見直しのエネルギー基本計画で原発は?
原爆資料館で13:30〜。約40名が参加。 ⇒案内のチラシ
5/7 第180回「ヒロシマ・アピールウォーク」
40年超の高浜,美浜原発再稼働を福井県知事同意。26名参加
4/16 第179回「ヒロシマ・アピールウォーク」
福島原発の放射性汚染水海洋投棄を決定。24名参加。
4/2 第178回「ヒロシマ・アピールウォーク」
柏崎刈羽原発核物質防護措置機能喪失。30名参加。
3/19 第177回「ヒロシマ・アピールウォーク」
水戸地裁、東海原発運転差止め判決。30名参加。
3/5 第176回「ヒロシマ・アピールウォーク」
福島事故10年、避難者に国も東電も責任果たせ。30名参加。
2/19 第175回「ヒロシマ・アピールウォーク」
コロナ感染者急増で2ヶ月のブランク。27名参加。
2021年↑
12/4 第174回「ヒロシマ・アピールウォーク」
大飯原発の設置許可取り消しの判決。27名参加。
11/20 第173回「ヒロシマ・アピールウォーク」
宮城県の女川原発再稼働同意に抗議。34名参加。
11/6 第172回「ヒロシマ・アピールウォーク」
放射能汚染水を海へ捨てるな。28名参加。
10/17 連続市民講座 新シリーズ 第5回
 前川 哲明 弁護士『「伊方原発運転の差し止め
           広島高裁が二度も決定
   〜その内容と意義を担当弁護士に聞く〜」』
  会場:広島弁護士会館    ⇒チラシ
10/16 第171回「ヒロシマ・アピールウォーク」
核のゴミ処分場を金で釣るな。31名参加。
10/2 第170回「ヒロシマ・アピールウォーク」
生業裁判で仙台高裁、国と東電に責任と判決。28名参加。
9/18 第169回「ヒロシマ・アピールウォーク」
菅内閣に代わるも原発政策変わらず。32名参加。
9/4 第168回「ヒロシマ・アピールウォーク」
動かない原発に電力料金から巨額の維持費支出。27名参加。
8/21 第167回「ヒロシマ・アピールウォーク」
猛暑の日、夕立の雨の中、27名参加。
8/7 第166回「ヒロシマ・アピールウォーク」
核兵器禁止条約発効まであと6ヶ国。27名参加。
7/28 広島県に「原子力災害時等における広域避難」に関する質問および要請書を提出 ⇒質問及び要請書(7/28)  ⇒県からの回答書(8/7)
7/17 第165回「ヒロシマ・アピールウォーク」
金権選挙をやめさせる力が脱原発につながると、28名参加。
7/3 第164回「ヒロシマ・アピールウォーク」
梅雨空の中、原発なくせと、24名参加。
6/19 第163回「ヒロシマ・アピールウォーク」
世論の力で政権追い詰めた。原発もなくそう。32名参加。
6/5 第162回「ヒロシマ・アピールウォーク」
コロナウィルス対策で休止。再開し、元気に31名参加。
4/3 第161回「ヒロシマ・アピールウォーク」
本通り電停まで行進。35名の参加。
3/20 第160回「ヒロシマ・アピールウォーク」
関電原発マネー還流調査報告書出たが。33名の参加。
3/14 連続市民講座 新シリーズ 第4回
木原省治『電力システム改革と原子力発電』
  会場:広島市 中央公民館    ⇒チラシ
3/6 第159回「ヒロシマ・アピールウォーク」
規制委、女川2号機を合格に。32名の参加。
2/21 第158回「ヒロシマ・アピールウォーク」
四電、広島高裁に異議申立て。28名の参加。
2/7 第157回「ヒロシマ・アピールウォーク」
事故続く危険な伊方原発は廃炉を。41名の参加。
2/1 2020年総会・講演会「動き出した原発廃炉への道」 (柳井光男氏・電力労働運動近畿センター)
 活動報告,原発をめぐる情勢と今年度の方針などが議論され了承。最後にアピールを採択。
 いつ大事故を起こすかわからない危険な原発を一日も早くなくさねばならないことは勿論だが、原発という大きな負の遺産に対応するためにも、市民がしっかり学んで自由に討論できる社会をつくりましょうと訴えられました。
 2月1日13:30〜16:00。84名が参加。
⇒案内のチラシ
1/17 第156回「ヒロシマ・アピールウォーク」
伊方原発運転差止め仮処分;広島高裁。31名の参加。
2020年↑
   ⇒これ以前の活動記録はこちらへ

その他の関連する案内  

フクシマを忘れない!さようなら原発ヒロシマ集会

時:2022年3月11日(金曜日)18:00〜18:40
場所:原爆ドーム前
訴え:福島から 織田千代さん(メッセージ)
   島根から 武部昭浩さん
主催:「フクシマを忘れない!さようなら原発ヒロシマ集会」実行委員会
⇒集会チラシ

資料    


STOP伊方原発再稼働!11・1全国集会 in 松山

松山市内をデモ行進(2015/11/1)



counter